白髪,原因

 

知ってましたか?白髪の原因は、髪の老化じゃないんです!


あなたの周りに、白髪を気にしている方いませんか?

 

まだ全然若いのに!

 

鏡を見ると、あの白い奴がっ!
なんで?
だってあの白い奴は、おじいちゃんやおばあちゃんに生えるものでしょう?

 

なんでまだ若い私に、白い奴なんかが出てくるの?
(ヤバイヨヤバイヨ)
あの白い奴・・・もちろん白髪!

 

白髪って、

 

髪が老化すると出てくるんでしょう?

 

 

はい、そうですよね。
白髪は、お年寄りに生えるものだと思いますよね。

でも、

 

でもちょっと違うみたいなんです。
白髪というのは、決して髪の老化で発生するものではないようです。
髪の老化ではなく、別のメカニズムで白髪になります。

 

ですから、

 

ですから、若い人でも白髪が出てしまいます。
とはいえ、若いのに白髪が出てきたらショックですよね!

 

正直、見た目もあまりキレイとは言えません。
まばらな白髪は、なぜか不潔にも見えます。
貧乏くさくも見えてしまいます。
(イイコトナシジャン・・・。)

 

できるなら、無いほうが良い白髪です。

 

それでも、

 

それでも、生えてきてしまうのが白髪なんです!
困りものの白髪ですね。トホホ・・・。

 

白髪の正体と、引き起こす要因などを確かめて、
あなたはバッチリ対策しててくださいね!

 

 

さあ、まずは白髪の正体を突き止めていきましょう!
 

知ってましたか?皮膚だけじゃなく、髪の黒さもメラニン色素だったんです!

日焼けをすると、肌が黒くなります。

 

ジリジリと焼き付ける、夏の太陽。
子供のころは、真っ黒くなるまで日焼けしてましたね♪
でも、なんで肌が黒くなるんでしょう?

 

パンが焦げて黒くなるみたいに、
「肌も焦げてるのかな〜?」

 

いえいえ、違います。
決して肌が焦げてるわけではありません。
肌が黒くなるのは、パンが焦げるのとはまるで違います。

 

では、どうして肌が黒くなるんでしょう?

 

はいコレ、
紫外線から皮膚を守るために、メラニン色素が生成されるからなんです。

 

え?

 

肌って、日光で焦げて黒くなるんでしょ!
焦げたから、黒いんだよね?

 

そう思われた方もいるかもしれません。

でもそれ、違います!
肌が黒くなるのは、体を守るためのメラニン色素の色なんです。

 

決して焦げによる黒さではありません。
肌を焦がすという表現は使いますが、それはあくまで表現上の言葉です。
実際に焦げているわけではないので、注意してくださいね。

 

あくまで肌を守るために、黒色のメラニンが生成されているんです。

 

でも、なんでメラニン色素があると肌を守れるの?

黒い色は紫外線を吸収する!

メラニン色素が生成されるだけで、なんで肌を守れるんでしょう?

 

肌を守るんだったら、黒くなくてもいいですよね?
なんで黒い必要があるのでしょう?
メラニンが沈着してしまうと、シミやそばかすになってしまいます。
(シミソバカス、ギャ〜!!!)

 

シミやそばかすを、喜ぶ人はいません。
できるなら、黒くない方がいいです!

 

はい、そうですよね。

 

黒くなければ、シミだって目立ちません。
(ソウダ!シロケレバイイのだ・・・!)

 

でも、

 

でもダメなんです!
黒くないと!
メラニン色素は、黒じゃないとダメなんです!

 

メラニン色素は、黒いからその役目を果たせるんです。
はい、黒くないと役目が果たせません。
(エッ?ソナノ・・・。)

はい、なぜなら、

 

なぜなら黒い色には、紫外線を吸収する働きがあるからです。

 

メラニン色素が守らないと、
紫外線が皮膚の奥にまで侵入してダメージを与えてしまいます。
場合によっては、水ぶくれや炎症を起こしてしまう場合もあります。
(ミズブクレ、イタソ・・・。)

 

紫外線によって遺伝子が破壊されれば、
皮膚がんのリスクも高まります。
(ガン!ウギャ・・・ガクブル。)

 

メラニン色素は、紫外線から肌を守るために生成されます。
がんになりにくいのは、メラニン色素が紫外線を吸収してくれてるからなんです。
それであなたの肌を、守ってくれています!

 

肌を黒くさせることで有名なメラニン色素です。

 

実は髪もメラニン色素で黒くなっているんです。

髪の毛を黒くさせているのは、メラニン色素の働きでした!

 


驚かないでください!

 

メラニン色素は肌だけでなく、髪も黒くしているんです!

 

あなたは髪の毛の色が黒いのが、メラニン色素の色だって知ってましたか?
自信をもって、知っていたいう方の方が少ないのではないかと思います。
でも、事実はそうなんです。

 

髪の毛の黒も、メラニン色素の黒だったんです。

 

髪の毛や皮膚だけではありません。実は目の色もメラニンです。
虹彩の中のメラニン色素によって、目の色も黒くなっています。

 

皮膚や肌や目というのは、メラニンによって色がついていたんですね。

はい!

 

肌や毛や目の色は、みんなメラニン色素の色です。

 

メラニン色素が濃いか薄いかで、黒髪になったり、金髪になったり、赤髪になったりします。
黒い瞳になったり、ブラウンの瞳になったり、グリーンの瞳になったりするんです。
白い肌になったり、黄色い肌になったり、黒い肌になったりします。

 

人種で区別されるものって、結局メラニン色素の量だけなんです!

 

これって驚きですよね!
見た目の差が、単純にメラニン色素の量だったなんて。

 

あなたの髪の毛を黒くしているのは、メラニン色素です!

 

では、白髪というのはメラニン色素が少ないということでしょうか?
はい、全くその通りです。
メラニン色素がなければ、白髪になります。

 

メラニン色素が濃ければ黒髪、ないのが白髪です。

では?
白髪は髪が老化して、メラニン色素が抜けてしまうんでしょうか?
じつは、全然ちがうようなんです!

 

髪が老化して、メラニン色素が抜けてしまうわけではないようです。

 

では、なんでメラニン色素がなくなってしまうんでしょう?

知ってましたか?髪の毛は、最初みんな白髪なんです!


いや〜、髪の毛は黒かったり、赤かったり、金髪だったり。

 

いろいろですよね。
その髪の色。
もちろん生まれつきです!

 

生まれた髪の毛の色は、基本的に大人になっても同じですね。

でも、

 

じつは髪の毛は、作り出された瞬間はみんな白髪なんです!

 

金髪の人も黒髪の人も、赤髪の人もみんな白髪です!
意外にも、最初みんな白髪なんです!

 

白髪って、髪が老化してなると思ってた人、残念です。
人は最初はみな、白髪なんです。
そこにメラニン色素で着色されて、色が付きます。

 

髪の毛は毛母細胞にによって作られます。
その時は、白髪なんです。
それに、メラノサイトという色素細胞から出るメラニン色素により、着色されます。

 

最初は白ですが、メラノサイトのメラニン色素によって色付けられるんです。

 

毛母細胞のすぐ隣に、メラノサイトはあります。
メラノサイトからのメラニン色素を取り込み、白髪が黒くなるんです。
最初は髪の毛は白かったって、驚きですよね♪

 

でも本当なんです。

 

髪の毛の基本は、白髪なんです。
その白髪が着色され、黒髪になります。
あなたの黒髪は、白髪に色が付いたものなんです。

そして、

 

白髪になる理由は、

  1. メラノサイトが機能しなくなってしまった。
  2. もしくは、色素が受け取られないまま、伸びてしまった!

この2つが、理由として考えられます。

髪の色を付ける工場のシステムが、うまく機能しなくなった。

 

そう考えられますね。

 

製品として、髪の毛は出来てるんです。
でも、色付けされてないんですね。
それが、白髪なんです。

 

色付けするための機械が、壊れてしまっているために色付けできない。
それは、白髪になっちゃいますよね?
そうなんで、メラノサイト自体が機能しないと色付けできるわけがありません。

 

色素を受け取る段階が、うまくいかない。
これでも、白髪になっちゃいますね。

 

毛母細胞が、何らかの不具合によって、色を受け取れない。
工場で言うと、色付けのおばちゃんが、体を壊して休んでる。
だから、色が付かずに白髪になってしまう。

 

そんな風に考えられるんじゃないかと思います。

 

どちらにしても、髪が老化して白髪になるわけじゃない!
それだけは、断言できます。

 

白髪になるのは、メラノサイトからのメラニン色素の着色がうまくいかないために起こっています。

白髪になるのはあなたのせい?取れる対策はないの?

白髪になることを、望む人は少ないでしょう。

 

まばらな白髪は、何か不潔な印象を与えてしまいます。
いっそ、ロマンスグレーやオール白髪ならばキレイなのですが。
中途半端な白髪は、しょうじき汚らしいです。
(シラガッテ、チョットネ・・・)

 

その望まれていない白髪になる要因は、あなたにあるんでしょうか?

 

何か白髪を引き起こすことを、知らず知らずしているのでしょうか?
それは困ります。
でも、逆に言うとそれをしなけらばいい。となります。

 

もしも自分が原因ならば、自分で予防できると言い換えられます。
自分で白髪が予防出来たら、いいですよね。

 

では、白髪になる要因とは何があるんでしょう?
(ウンウン、キニナル!)

 

はい白髪の要因は、明確に分かっていない部分もあります。
ただ、言われているのは次の原因です。
予防や対策することができる要因はあるんでしょうか?

 

白髪を引き起こす要因は、

 

遺伝子
ストレス
紫外線
睡眠不足
食生活
喫煙

これらが、言われている要因です!

 

もしもこれらの要因に対して、取れる対策があるならしてみたいですよね。

 

さて、白髪の予防や対策はできるのでしょうか?

白髪は要因は遺伝子?とれる対策はっ!

白髪って、やっぱり遺伝でしょ?

 

若い時にできる若白髪。

 

髪の長い女の子に、数本混じる白髪は、あまりキレイとは言えません。
若い時にできるわけですから、この白髪はとうぜん遺伝的要因。

 

たしかに、若白髪の家の子の親も、白髪が多い気がします。

 

白髪は遺伝的要因が、関係していると言われています。

ということは、

 

ということは、取れる対策はない!

 

遺伝が要因となる場合、白髪に対して取れる対策はないのでしょうか?
あなたの遺伝子を変えることは、不可能です。

 

遺伝子を変えることは不可能ですから、遺伝が原因の場合取れる対策はありません。
(ナンダ、ガッカリ・・・。)

 

ザンネンながら、とれる対策はないと考えてください。
ただ、まるで何もできないということもありません。

 

遺伝というのは、白髪になりやすいというだけです。
ですから、それ以外の要因をしっかりと対策することで、
白髪の発生を軽減させることは可能かもしれません。

 

遺伝子は変えられませんが、他の対策ならできます。

 

白髪になる要因は、他にもあります。
他の対策をすることで、白髪の発生が軽減できる可能性は高いでしょう。
もし、白髪が少なくなったらうれしいですよね。

 

食い止められるだけでも、ラッキー。
特に若白髪の場合、白髪は目立ちます。
それがなくなるだけで、自分に自信が持てますね。

 

髪の中い女性なら、なおさらでしょう。

 

ということで、他の要因で起こる白髪の対策も見てみましょう♪

白髪の要因はストレス?とれる対策はっ!

あまりの心労で、一夜にして白髪になった!

 


フランス王国ルイ16世の王妃である、マリーアントワネットが、
死刑宣告のあと、あまりのショックで一夜にして白髪になったという話もあります。

 

ストレスによって、一夜に白髪になってしまったという話はよく聞きます。
(ヘエ・・・、ソンナコト、アルンダ)

 

いえ、そんなことないようです!
じっさいには、そんなに早く白髪になることはありません。
(ナインカイっ!)

 

髪の毛の色は、頭皮から生えてくる段階で決まります。
そのあと、色が抜けたり染まったりということはありません。
黒く出てきた髪の毛は、黒のままです。

 

なんでこんな風になるかと言えば、髪は死んだ細胞だからです。
生えてきた段階で、死んでいるのです。
(エ!カミハスデニ、シンデルノ。)

 

死んだ細胞なので、自然と色が抜けたり染まったりすることはありません。
体からの影響は、死んだ細胞なので受けにくいと言えます。

 

ですから、一夜にして黒髪が白くなることはないんです!

ただし、

 

ストレスによって、白髪が引き起こされることはあるようです!

 

数か月前は、黒髪だった人が、真っ白になっていたらどうですか?
いきなり何十年も年を取ったイメージになります。
これって驚きますよね?

 

NHKのアナウンサーだった、登坂淳一さんの髪がほぼ白髪になり、
ネットを騒がせたことがあります。
和歌山カレー事件などの取材を担当し、多忙でストレスがたまったことにより、
一気に白髪が増えたようです。

 

やはり、ストレスから白髪になることは、あり得るんです!

 

でもなんで、ストレスで白髪になってしまうんでしょう。
ストレスで白髪になってしまうのは、なんでなの?

 

あなたはどうして、ストレスが白髪を引き起こす要因になると思いますか?

 

ストレスは、体にいろんな変調をきたします。
白髪もその一つですが、どうして白髪になってしまうのでしょうか?

 

これは髪の毛を黒くする、メラニン色素を作り出すメラノサイトに関係しているようなんです。
メラノサイトは、ストレスに弱いんです。
それで、メラニン色素がうまく作れずに、白髪になると考えられています。

 

ストレスって、あなただけでなく体の細胞も”ビンカン”に感じてるんです。

 

白髪が出てきたら、ちょっとお疲れ気味ということかもしれません。
ストレスは、血管を収縮させてしまう効果もあります。
それにより血流が、少なくなってしまいます。

 

血流が少なくなると、栄養や酸素が細胞に届けられません。
最悪細胞が死滅してしまいます。

 

細胞が死滅しないようにするためにも、ストレスはためない方がいいようです。

ストレスをためないようにする、白髪対策

 

ストレスをためないようにするのは、どうすればいいんでしょう?

 

白髪を引き起こすストレス。
そのストレスを軽減できたら、白髪になるリスクも少なくなるはずです。

 

では、ストレスをためないようにするにはどうすればいんでしょう?

  1. 都会を離れ自然に触れる
  2. 適度な運動
  3. 好きな人のことを考える
  4. 体操する
  5. 睡眠をとる
  6. カラオケボックスで大声で歌う
  7. 映画を見る

ありきたりですが、ストレス解消法はいろいろとあります。

 

人によって、ストレス解消法は違います。
同じことでも、ヒトによってはストレス解消だったり、逆にストレスが溜まってしまうこともあり得ます。

 

ですから、ストレス解消に決まりはありません。

 

基本的には、好きなことをするというのが一番のストレス解消になるはずです。
あなたの好きなことは何ですか?

 

好きなことをして、極力ストレスをためないようにしてください。
それによって、白髪の発生を抑えられるかもしれません。
いえ、抑えられるはずです!

 

それと白髪のことを気にしすぎないように!

 

気にしすぎて、それがストレスになったら意味ありませんから!
ストレスが要因の白髪対策に、あなたがするべきこと・・・、

 

それは、好きなことをする!

 

積極的に好きなことをして、ストレスをためないようにしてみてください!

白髪の要因は紫外線?とれる対策はっ!

 


白髪になる引き金の一つに、紫外線があると言われています。

 

あれ?

 


髪が黒いのは、紫外線から守るためですよね?
紫外線から守るはずなのに、紫外線で白髪になるのっておかしくない?

 

紫外線で、白髪になっちゃったら守れないじゃん!
それじゃ意味ないじゃん!
(ソレッテ、ドユコト?)

 

そうですよね!

 

紫外線から頭を守るために、黒髪になっているのに白髪になっちゃ意味ないですよね。
でも、紫外線によって白髪になってしまうようなんです。

 

それって、どうしてなんでしょう?
頭皮が紫外線でダメージを受けている!

 

紫外線から守るための黒髪が、白髪になるってどういうことなんでしょう?

 

黒い色は、紫外線を吸収します。
メラニンは紫外線を吸収することで、細胞を守っています。

 

黒髪は、紫外線を吸収することで、頭を守っています。

 

その黒髪ですが、紫外線を完全に守れるワケではありません。
(エ?マモレテナイッ?)
ザンネンですが、完全には守れていません。

 

紫外線には

  1. UV-A(長波長紫外線)
  2. UV-B(短波長紫外線)
  3. UV-C

この3つがあります。
UV-Cは、オゾン層に阻まれて届かないので、ココでは無視します。
(ナンダカチョット、ムズイ・・・)

 

はい、ちょっとムズイですね!

 

ざっくりいうと、UV-A(長波長紫外線)は、肌の奥まで届いてダメージを与えます。
UV-B(短波長紫外線)は、皮膚の表面でダメージを与え、シミやそばかすを引き起こします。

 

それで、このUV-A(長波長紫外線)が、頭皮にまで届いて、ダメージを与えてしまうようなんです!
ダメージです!

 

そのダメージで、メラニン色素を作り出す、メラノサイトも変質してしまいます。

でも、
でも、それだけじゃないんです!

 

じつは、有害な紫外線から守ろうと、体は活性酸素を発生させてしまうんです!
この活性酸素が曲者で、外敵だけでなく健康な細胞も傷つけてしまうんです。

 

傷つけられたメラノサイトは老化したり、DNAを損傷したりします。
老化やDNAを損傷したメラノサイトは、メラニン色素を作れなくなります。
それで、白髪が発生してしまうんです。

 

紫外線と、活性酸素により、細胞が傷つき白髪を発生させる。
これって驚きです。そして怖いですね。

紫外線から頭皮を守るために、とれる対策!

 

紫外線は恐ろしいです!
では、どうすればその恐ろしい紫外線の対策ができるのでしょう?

はい、普通かもしれませんが日傘は有効です。

 

日傘によって、紫外線からあなたを守ってください。
最近は、「日傘男子」なるものも登場しています。

 

男性でも、日傘をする時代です。

 

紫外線のことを考えれば、男性でも日傘をさすのは当然かもしれません。
肌や頭皮を、紫外線から守ってあげてください。
ありきたりですが、日傘はとても有効ですよ!

 

紫外線を気にするのは、おもに夏ですよね。

 

ただ、紫外線は夏だけではありません。
あまりに神経質になるのもやりすぎですが、夏以外の季節にも日傘を利用してください。

 

あなたの体を守るためです。

紫外線対策は、日傘だけでなく帽子も有効です。

 

特に髪の毛や頭皮を守るためには、帽子はとても役に立ちます。
帽子をかぶると蒸れて暑いですよね。

 

ですからやっぱり麦わら帽子がお勧めです。
昔ながらの麦わら帽子です!
紫外線から頭を守るために、麦わら帽子は有効なんですね。

 

それと、日差しが強い時は可能な限り、外に出ない方がいいです。

 

仕事をしている人は、そんなわけにはいかないと思いますが・・・。
外に出るときは、日傘や帽子を利用してください。

 

大切な頭皮ですから、有害な紫外線から守ってあげてください。

 

それは、白髪を作らないためにも有効な対策です。

きちっと対策して、あなたの大切な体を守ってあげてください!

白髪の要因は睡眠不足?とれる対策はっ!

 

睡眠不足だと、白髪になるの?

あ〜、眠たい。

 

眠たい眠たい眠たい。
学校や職場でも、眠くて眠くて仕方がない。

 

だって、家に帰ってもいろいろやることあるし。
テレビ見て、lineやらツイッターやらチェックして。
そのほかにも、やりたいことたくさん。

 

ゲームもやりたいし。

 

そんなことしてるうちに、深夜1時くらいになってて。
深夜ラジオ効きながら、スマホゲームしながら、うっつらうっつら・・・。
気づいたら、朝になってる。

 

大慌てて支度して、っていう日常。
あ〜現代人は眠たいんです!

 

でも、睡眠不足が白髪を引き起こすとしたら、どうでしょう?
やっぱり、白髪はみっともないので。
睡眠不足で白髪になってしまうなら、何とかしなくちゃ。

 

でも、本当に睡眠不足で白髪になってしまうのでしょうか?

 

なぜ睡眠不足が白髪を引き起こす?

なぜ睡眠不足が、白髪を引き起こすのでしょう?

たしかに、睡眠不足だと体はだるいし、頭はぼーっとするし。
体にはあんまり良くなさそーです。

 

だからと言って、

 

どうして睡眠不足で白髪になってしまうんでしょう?

 

はい、そうですよね。
どうして白髪を引き起こしてしまうんでしょう。
実はこれ、血行が悪くなるからだと言われています。

 

血行です!

眠っている間は、副交感神経が優位になります。
副交感神経が優位になると、リラックスできるんです。

 

筋肉や血管もリラックスするので、血行が良くなります。

 

血の巡りというのは、酸素や栄養を体中に運ぶ働きです。
血行が良くなるということは、酸素や栄養が十分いきわたるというコトです。
酸素や栄養がいきわたりますので、細胞が活性化するわけです。

 

つまり細胞が元気になる!

 

よく眠ると、細胞が元気になるんです。
逆に睡眠不足になると、細胞が元気じゃなくなるわけです。

 

黒髪を作るメラノサイトも、細胞です。
酸素や栄養が十分に届かなければ、その働きは悪くなっちゃうんです。
それで白髪が引き起こされてしまう、ということなんです。

 

細胞を修復する成長ホルモン

 

成長ホルモンという言葉を、聞いたことがあるでしょうか?

 

成長ホルモンというくらいで、10代の成長期にたくさん分泌されます。
20代手間くらいから、徐々に減少しますが、なくなってしまうわけではありません。

 

この成長ホルモンは、細胞の新陳代謝を活発にする働きがあるんです。
活動中に紫外線やストレスなど、さまざまな原因で壊れた細胞も、
成長ホルモンの作用で修復されます。

 

そうなんです。成長ホルモンって、細胞を修復するうえで大切なんです。

この成長ホルモンは、副交感神経が優位の時に、活発に分泌されます。

 

この成長ホルモンが一番分泌されるのが、夜10時〜深夜2時と言われています。
この時間は、睡眠のゴールデンタイムと言われています!

 

ゴールデンタイムです!

 

また、深夜0〜6時を睡眠のコアタイムと言い、
この時間にしっかりと寝ていることが、質の高い眠りにつながるようです。

 

ゴールデンタイムもコアタイムを考えても、、夜10時から朝6時までは
しっかりと眠りについた方がいいようです。
それによって、白髪の発生を抑制できる可能性は大です!

 

 

あなたは、夜しっかりと眠っていますか?

 

「う〜ん。」

 

即答できないあなたは、しっかりと眠れていないのかもしれません。

あなたがしっかりと眠れるために、何をすればいいんでしょう?
こうすれば質のいい眠りができる!

 

白髪の発生を抑制するためにも、しっかりと質の良い睡眠がしたい!


質のいい眠りのために、どんなことをするとイイんでしょう?

 

はい、それを調べたらけっこうしちゃダメなこと、
しちゃってるみたいです!

 

どうですか?
あなた寝る前にスマホやってませんか?
聞いたことありません?ブルーライト!

 

ブルーライト!

 

ブルーライトって、太陽光に多く含まれる光なんです。
眠る前に、太陽光ガンガンに浴びたらどうですか?

 

あれ?朝かな?

 

ってことになって、眠れなくなっちゃいますよね?

 

あなた、眠る前にスマホしちゃってません?
しちゃってますよね?
それ、やばいですよ!

 

でも眠る前スマホってしちゃいます!
それってやめられません。
そんなあなたは、ブルーライトをカットできるアプリを導入してください!

 

世の中便利になっています。
ブルーライトをカットできるアプリは、数種類あります!

 

今すぐそのアプリを導入してくださいね!
画面がオレンジ系になって見づらいですが、そのうち慣れます。
体が朝と勘違いしないよう、ブルーライトをカットできるアプリを愛用してください。

 

ブルーライトのほかにも、睡眠を妨げる要素はあります。

眠る前のアルコールもやばかった!

あなたは、眠る前にお酒を飲んでいませんか?

眠りにつくために、お酒は欠かせない。

 

あなたはそんなタイプではないでしょうか?
でもそれって、あんまりよくないようです!
たしかに、お酒を飲むことで眠りに入りやすくなります。

でも

 

でも、お酒を飲むと交感神経が活発化してしまうんです。

 

つまり体は、起きちゃうんですね!
眠っていても、体を起きちゃうんです。
起きているときは、リラックスできていません。

 

リラックスできていないので、血流も悪くなります。

 

これでは、細胞に酸素や栄養がいきわたりませんね!
それって最悪な状態!
細胞の修復もできないので、疲れがたまってしまいます。

 

眠る前のアルコールは、体にとってあまりよくありません。
細胞にとってもよくないので、白髪の発生を引き起こす可能性は大です!

 

なので、体のためにも白髪を抑えるためにも、眠る前のお酒は控えた方がイイでしょう!

よりリラックスするために、してほしいのはコレ!
あなたによりリラックスして、眠りについてほしい!


あなたは、よりよい睡眠をしてください!

 

そのために必要なのは、入浴です!

 

だいたい眠る1時間〜2時間前に入浴してほしいんです!
なぜなら、一度体温を上げて下がり始めた時、眠りにつくのが理想的なんです。

 

眠りにつく前は、一度体温を上げて下がったt気に眠るのがいいようなんです。
なので、入浴で体温を一度上げてから、眠りにつくようにしてください。
それでリラックスした眠りを、自然に得られることができますよ!

 

眠る1〜2時間前に、お風呂に入るようにしてください。

 

それともう一つ。

それともうひとつ、部屋が明るいと体がまだ昼間だと勘違いしてしまいます。

 

なので、部屋は暗くして眠りやすくしておきましょう。

 

オレンジの光の間接照明が理想的です。
スマホと一緒で、オレンジの光が質のいい眠りのために、重要なようです。
ブルーライトや、蛍光灯の明るい光は、体を目覚めさせてしまします。

 

ですから、眠る前は部屋を暗くして体を自然と眠りにいざなってあげてください。

 

質の良い眠りができれば、リラックスして血流が増します。
細胞も修復され、メラノサイトも元気になるでしょう。

 

その結果、あなたの白髪の発生も抑えられると思います。
より健康的な生活のため、充実した質のいい眠りを心がけてください。

白髪の要因は食生活?とれる対策はっ!

 


これを食べたら、白髪になってしまう!

 

そんな悪魔の実のような、白髪にしてしまう食べ物はあるんでしょうか?
そんな食べ物があったら、怖いですよね?

 

はい、実は・・・

 

そんな食べ物はありません。

 

安心してください。
これを食べたら、白髪に絶対になるという食べ物はありません。
というか、そんな食べ物をがあって、食べたらみんな白髪になったら困りますよね。

 

そんな食べ物は、世の中に出回りません。

 

ですから、これを食べると白髪になる食べ物は存在しません。
でも、白髪になる危険性のある食生活はあるようです。

白髪になる危険性の食生活って何?

 

白髪になる危険性のある食生活とは、どんなもの?

直接的に、白髪を引き起こす食べ物というのはありません。

 

でも、間接的に白髪を引き起こす可能性が高い、食べ方はあるんです。
白髪になるのは、メラノサイトという細胞が正常に働かなくなった時です。

 

メラノサイトがメラニン色素を作れなくなって、白髪ができます。

 

ということで白髪になるのは、

  1. メラニン色素の材料の不足!
  2. 細胞を構成する栄養の不足!
  3. 細胞へ酸素と栄養が届かない!

この3つの可能性が考えられます。

 

メラニン色素の材料の不足

メラニン色素の材料の不足って何でしょう?

 

じつはメラニン色素の黒色を作る、材料があるんです。
それって何だと思います?

 

はいそれは、

 

銅!

 

それってなんとあの銅なんです。
どうって、あの金、銀、銅の銅です!
銅メダルの銅です!

 

この銅が、チロシンというアミノ酸を、メラニンに変換してくれます。

 

直接的な材料は、チロシンというアミノ酸ですが、どうもとっても大切な成分なんです!
(ヘェ・・・ソーナンダ)
厳密にいうと、チロシナーゼという酵素を活性化する働きをするのが銅です。
銅がなければ、メラニンは作られることはありません。

 

チロシナーゼによって、チロシンが酸化し、メラニンになります。
ちょっと話が難しくなりましたが、チロシンとチロシナーゼと銅が大切だよってことです。

 

チロシンを多く含む食材は、

  • チーズ
  • 乳製品
  • たけのこ
  • バナナ
  • ごま
  • アボガド
  • たらこ
  • 大豆
  • 落花生
  • アーモンド

 

銅を多く含む食材は、

  • 牡蠣
  • 小麦
  • かつお
  • からすみ

などです。

 

そのほか、カルシウムにはメラニン色素を作るメラノサイトを、活発にさせる働きがあります。

 

少し難しくなってしまいましたね。
ともかく、このような栄養素が不足すると、白髪になる可能性が高まります。

 

上にあげたもの以外にも、これらの栄養素は含まれます。
より、バランスの良い食事を心がけることで、白髪のリスクは下げることができます。

 

これはあくまで、リスクを下げるためのもので、これさえ食べれば白髪がなくなるということではありません。
白髪になる食材はありませんし、白髪をなくす食材も存在しません。

細胞を構成する栄養の不足!

 

細胞を構成する栄養の不足って何でしょう?

 

この細胞は、メラニン色素を作り出す、メラノサイトをさします。

 

メラノサイトはたんぱく質で、できています。
先ほど言った、カルシウムはメラノサイトを活性化させる働きがあります。

 

それと亜鉛は、たんぱく質を効率よく分解し、合成してくれます。
この亜鉛が不足すれば、たんぱく質を摂っても、上手にメラノサイトになれません。
ですから、亜鉛はとっても大切なんです。

 

亜鉛を多く含むのは、

  • 牡蠣
  • 小麦
  • かつお
  • パプリカ
  • からすみ

などです。
気づいた方もいらっしゃるかもしれません。

 

驚くことに、銅を多く含む食材とほとんど同じなんです。

 

っていうか、牡蠣ってすごい!

 

それとビタミンB群です!
ビタミンB群も、亜鉛と同じようにたんぱく質を分解、合成をサポートしてくれます。

細胞へ酸素と栄養が届かない!

酸素と栄養を、細胞に運ぶのって?

細胞に酸素と栄養を運ぶのは、血液ですよね!

 

十分に酸素と栄養素が運ばれないと、その細胞は正常な働きができなくなります。
メラノサイトや毛母細胞が、正常な働きをできなければ、白髪も増えるリスクは高まります。

 

血行が悪くなれば、栄養や酸素がしっかりと運ばれません。

 

栄養や酸素を運ぶため、血行のめぐりがスムーズであることが必要です。
逆に言えば、血行が悪くなると細胞も正常に働きません。
血行を悪くさせる、食生活は気を付ける必要があります。

 

では、血行を悪くさせる食事とはどんなものでしょう?

 

それは、

 

脂っこい食事ばかりとることです。
脂質が多くとると、血液もドロドロになります。
ドロドロの血液は、血管の壁に張り付きやすくなります。

 

それでl、血行が悪くなる危険性もあるんです。

 

動物性たんぱく質を摂ろうとすると、脂質もたくさん摂ることになります。
あまりにたくさん脂っこい食事をとりすぎると、血液がドロドロになります。

 

しっかりと細胞に血液が届けられないと、細胞が正常に働きません。
メラノサイトが働かず、白髪になってしまう可能性は高まります。
そうならないために、脂っこい食事はあまりとらないように、してください。

 

塩分が多い食事も好ましくない

 

塩分が多い食事も、あまり好ましくありません。

 

塩分が多いと、腎臓に負担がかかります。
腎臓は赤血球の生成を、活発にさせるホルモンを分泌させます。

 

腎臓の働きが低下すると、ホルモンの分泌が減り、赤血球を作る能力も低下してしまいます。
それで貧血を起こしてしまうんです。

 

塩分を摂りすぎることで、貧血を起こしてしまうんですね。

 

貧血になれば、栄養や酸素が十分運ばれないので、細胞が正常に働きません。
それで、白髪を引き起こすリスクが高まります。

 

食事の中の塩分も、控えめにしてください!

 

糖質の摂りすぎも好ましくない!

糖質の摂りすぎというのも、好ましくないです!

 

糖質はグリコーゲンという形で、肝臓に蓄えられます。
許容量を超えたグリコーゲンは、中性脂肪に変化し血液中に流されます。

 

中性脂肪も、血液をドロドロにさせます。
血流を悪くし、細胞に栄養や酸素をいきわたらせるのを阻害してしまいます。

 

糖質の摂りすぎは、脂質の摂りすぎと同様に、細胞に悪い影響を及ぼします。

 

白髪もそうですが、あらゆる意味で糖質や脂質の摂りすぎは良くありません。
細胞に栄養や酸素が運ばれにくくなり、正常な働きを妨げます。

 

日本人は糖質や脂質は摂りすぎています。
日頃から控えめにすることを心がけてください!

白髪の要因は喫煙?とれる対策はっ!

タバコって体に悪そう!白髪の原因って言われて、確かにそうかも!って思える。

 

タバコって、体に悪そうだから白髪も引き起こしそうです。

 

それに対して、反論する気もないし、妙に納得しちゃいます。
ただ、たばこを吸うとなんで白髪になるんでしょう?

 

あなたは、それに対して答えられますか?
そう言われちゃうと、答えられない人も多いんじゃないでしょうか。

 

はい、別に答える必要はないんですけど。
(ソレ、イッチャダメ)

 

あなたがどうしても知りたいようなので、喫煙と白髪の関係を説明します。
喫煙のこれが白髪を引き起こす!

 

喫煙って、体に悪そうですが何が白髪を引き起こすのでしょう!
それは、

ニコチン
一酸化炭素

 

ニコチンがなんで白髪を引き起こす?

 

ニコチンと一酸化炭素が、白髪の引き金になると考えられています。

 

まずニコチンですが、ニコチンは交感神経を優位にさせる働きがあります。
交感神経が優位になると?

 

はい、

 

交感神経が優位になるということは、緊張するということです。
それは血管も同じなんです。

 

交感神経が優位になると、血管が収縮します。

 

血管が収縮し、血圧も上昇。
全身の血流は悪くなってしまいます。
そうなると、毛細血管などの細い血管に、血液がいきわたらなくなります。

 

頭皮の血管は毛細血管が多いため、血が行きわたらなくなってしまうんです。

 

血液が回らないと、細胞が正常に働かなくなります。
髪の毛を黒くするメラノサイトも細胞ですから、白髪を引き起こす可能性も高いわけです。

 

メラノサイトが、メラニンを作れなくなり、白髪になってしまうんですね。

 

一酸化炭素がなんで白髪を引き起こす?

 

一酸化炭素は、たばこの煙に含まれています。
コワいですね。

 

そうなんです。怖いんです。

 

なぜならタバコを吸わない人も、副流煙の影響を受けます。
つまり一酸化炭素を吸い込んでしまっているんです。

 

血液は酸素を運んでくれます。
ヘモグロビンが酸素とくっついて、血管の中をドアライブしてくるんです。
でも一酸化炭素の方が、酸素よりも250倍もくっつきやすいんです。

 

つまり、一酸化炭素があると酸素が運ばれないんです。
(ウワッ!ヤバっ)

 

やばいんです!
酸素が運ばれなければ、細胞が正常に働きません。

 

家族の人が吸ってるだけで、自分も影響を受けてたらイヤですよね。
でも、実際にはありうるんです。

 

白髪を引き起こす可能性もありますし、それ以外の細胞への悪影響も考えられます。
なので、喫煙は控えたいものです。
最近はニコチンを含まない、電子タバコもあります。

 

そういうアイテムで、喫煙を控えるようにしてみてください。

 

知ってましたか?白髪がパサパサで硬い理由はこれでした!

白髪って、硬くないですか?

 

硬いというか、パサパサな感じがします。

 

なんで白髪って、硬くてパサパサなんでしょう?
黒髪の方が、しっとりしているイメージがあります。

 

白髪と黒髪と、どんな違いがあるんでしょうか?
パサパサに感じるのは、ただの勘違い?

 

さて、あなたはどう思いますか?

白髪は黒髪よりも水と・・・っ!

白髪と黒髪の違いは、黒いメラニン色素です。

 

メラニン色素があれば、黒い髪に。
メラニン色素がなければ、白髪になります。

 

このメラニン色素が、重要なキーなんです。

 

ん〜、キーって言われても困りますよね?
はい、では答えを言ってしまいますね。
じつは、メラニン色素は親水性なんです。

 

つまり水と仲がいいんですね!

 

ですから黒髪は水にぬれると、しんなりするんです。
白髪の場合は、水にぬれてもしんなりしないでパサパサします。

 

それは髪が乾きはじめても同じ。

 

白髪だけが、パサパサとして黒髪だけがしっとり。
なんだか、白髪がパサパサ硬いという感じがするのは、そのためだったんですね。

 

白髪が硬いと感じる理由は、親水性のメラニン色素を含まないからなんです!

白髪の人はハゲないはウソ?

白髪にはなる人は、ハゲにくいと言いますが・・・。

白髪になるか、ハゲるか。

 

男性だったら、考えたこともあるのではないでしょうか?

 

ハゲるくらいなら、白髪の方がイイ!

 

そうですよね。
ハゲるのは、白髪よりも見た目が良くありません。
髪型も制限されます。

 

となれば、ハゲるというのは避けたいもの。

 

出来れば白髪の方がイイとなるのは、当然でしょう。
では、本当に白髪の人はハゲになりにくいのでしょうか?

 

じつはこれは意見が分かれています。

 

白髪の人には、ハゲている人もいる。
だから、白髪だからと言ってハゲにくいわけではない。
そんな考えがあります。

 

確かに、白髪の人にもハゲている人はいます。

 

思わずその通りと言ってしまいそうになります。
でもちょっと待ってください。
確かに白髪でも、薄毛の人はいます。

 

でもその人は、もともと薄毛で白髪になった可能性もあるのです。

 

白髪は、30歳を越える増え始めるといいます。
薄毛の人でも、ある年齢になれば白髪になります。
そんな人が、白髪になっただけかもしれません。

 

とすると、白髪だとハゲにくいはウソ!と簡単には言えないようです!

 

実際に白髪の人は、かなり高齢になるまでフサフサです。
あなたの周りの人はどうですか?

 

私の知ってる白髪の人は、けっこう高齢までフサフサです。

 

どうでしょう?
白髪の人は、ハゲにくいという考えの方が自然ではないでしょうか?
もちろん、ここは意見が分かれるところです。

 

どちらにしても、ずっと白髪でハゲない人は遺伝的影響が大きいでしょう。

 

遺伝で、ハゲるかハゲないで白髪になるかが決まっているようです。
ですから、男性で若白髪の人は、喜んでいいのかもしれません。
もちろん、ハゲ無いという保証はありませんが。

 

組織人はハゲる?孤高は白髪?

 

これは全く根拠のない、わたしの勝手な考えです。

 

傾向としてですが、組織人で向上心の強い人はハゲる傾向にあるように思います。
逆に、孤高の人間は白髪になっているような気がします。

 

例えばジャーナリストのような、孤高の人間は白髪の人が多いです。
論理的なものを大切にし、社会的地位に無関心な人は白髪の人が多いように思うのです。

 

ぎゃくに、社会的地位を欲しがる人は、薄毛になる傾向が強いように思います。

 

これは、あくまでそういう傾向にある気がするというだけです。
あなたの周りではどうでしょうか?
社会的地位を欲しがる人に、薄毛の人は多くないでしょうか?

 

全く根拠はありませんが、そのような傾向があるように思います。

 

実際のところは、どうなんでしょう?
また、何かわかりましたら、記事を追加していこうと思います。

 

白髪を抜いちゃダメ?抜いたらどうなる?

 

白髪は抜いたら増えてしまうの?

白髪を抜いたら、白髪が増えてしまう。

 

そんな話を聞いたことがある人も、多いと思います。
白髪が増えていったら、いやですよね?
でも、

 

でも、白髪を抜いても白髪が増えてることはありません。

 

白髪を抜いたからと言って、白髪増えることはありませんので安心してください。
だからと言って、抜いて良いというワケでもありません。

 

黒髪の中に一本の白髪。
とても目立ちます!
そこでプチっ!

 

プチっと抜いちゃいますよね!

 

でもそれダメなんです。
なぜなら、白髪を抜いてしまうと頭皮にダメージを与えてしまうんです。
頭皮にダメージを与えてしまうと、周りの健康な髪にも悪影響があるんです。

 

白髪を抜いても白髪は増えません。
でも、頭皮にダメージを与えてしまうんです。

 

最悪、その髪が生えなくなってしまう可能性もあります。

 

白髪がイヤなだけですよね?
髪が、生えなくなってもいいわけじゃないですよね。
ですから、白髪は抜かないでください。

 

ただし、白髪をそのままというワケにはいきません。

 

抜いていけないとなると、白髪はどうすればいいんでしょう?

白髪は抜かずに切るのが正解!

 

目立つ白髪は、どうすればいいんでしょう?

 

この白髪ですが、目立つ場合は切るのが正解です。
根元から切るようにしてください。
それで目立たなくなります。

 

もちろんそれも数が少ない場合です。

 

数が増えてきたら、白髪染めで染めましょう!

 

白髪は何かと面倒ですが、少なければ根元から切るのが正解です!

知ってましたか?白髪は白じゃないんです!じゃあ何色?

白髪の色って、何色ですか?

 


白髪の色って、何色でしょうか?

 

とうぜん、白ですよね!
でも、違うんです!
白じゃないんです。

 

白じゃないとすると、赤?青?黄色?
いろんな色が出てきますが、ピンときませんよね!

 

それはそうでしょう!

 

なぜなら、そのどれでもありません。
白でも、他の色でもないとすると白髪は何色なんでしょう?

 

はい、それは!

 

透明!

 

じつは白髪は、透明なんです!
白く見えますけど、透明です!

 

え?透明?
透明だったら見えないでしょ?
なんで見えるの?

 

はい、そうですよね。

 

透明だったら、見えるわけありません。
それがなんで見えるんでしょうか?
じつは見える部分は、光に反射している部分です。

 

光に反射している部分が、白く見えているんです。
白髪というのは、光が反射してい部分なんですね。

 

あなたも、白髪をよく確認してみてください。

 

白髪と言っても、白い部分と透明な部分があるはずです。
白い部分は、光が反射している部分。
透明な部分は、光が反射していない部分です。

 

厳密にいうと、白髪は白ではなく、透明髪なんですね♪

 

透明って、ちょっと驚きの事実なのではないでしょうか?
白髪って、なんだか神秘的ですね。

 
トップへ戻る